主婦 趣味 アクセサリー作り

MENU

アクセサリー作りを始めよう!将来は作品をお店販売出来るかも。

アクセサリー作りの特徴

  • 意外と簡単に作れる!
    シンプルな形のネックレスや、ブレスレットはパーツを糸に通すだけなので、初心者の方でも簡単に作ることができます

     

    素材に高級感のあるビーズやパールを使うと、とても素敵なアクセサリーに
    少々複雑な形でも、テキストには手順が説明されているので、参考にしながら作れば失敗することはほとんどありません

  •  

  • 安い材料費でも素適に仕上がる
    市販のアクセサリーの値段の半分から3分の1程度の材料費で、作品を作ることができるのも手作りアクセサリーの特徴です

    少し高級なビーズを使いたい場合は、1部分に使うなど工夫することで、材料費もぐっと抑えられます

     

    また、100円ショップばかりでなく、アクセサリーパーツの専門店でも100円程度の材料は購入可能
    100円ショップでは売られていない、天然石なども100円程度で売られているので、上手く利用すると素敵なアクセサリーを作ることが出来ますよ

  •  

  • ネットショップやオークションで販売しよう!
    「上達したな」と自信が持てるようになったら、余った素材を利用して商品をつくり、販売してみましょう

     

    今は、ハンドメイド商品販売サイトもあるので、気軽に作品を販売することができます
    サイト掲載には料金がかかることがありますが、売り上げ金額の10〜20%程度を手数料として支払うシステムのところが多いようです

     

    また、ネットオークションに参加したり、フリーマーケットで直に作品に触れてもらい販売するのもいいかもしれませんね
    自分の作品が認められると同時に、プチ稼ぎもできて、一石二鳥です

 

アクセサリー作りの種類

 

ここでは、女性の方に人気のある手作りアクセサリーをご紹介します。

 

ネックレス

アクセサリー_ネックレス

長い物で止め金具を使わないものなら工具も使う必要がなく、初心者の方でも簡単に作ることができます。

 

スワロフスキービーズや、天然石、パールなどをポイントに色々な素材を組み合わせて作るのも楽しいですね。
ちょっと、手をかけるだけでお店と変わらないレベルのアクセサリーを安く作り上げることができますよ。

 

ブレスレット

こちらもパーツを糸でつなぐだけですが、ブレスレットの場合は手首に沿ったほうが綺麗に見えます。

 

小さく作っても手に入るように、アジャスター(止め金具)を付けたほうが良いでしょう。
止め金具もテキストを参考にすれば、初心者でも簡単につけることができます。

 

しかも、ネックレスよりも短いので、材料費や時間もそれほどかかりません。
材料費がかからない分、ちょっと素材に凝ると女性らしさをアピールできる素敵なアクセサリーが完成します。
また、手間をかけて2連、3連つなぎのブレスレットを作るのもいいですね。

 

イヤリング、ピアス

パールなどのシンプルなものは、台座にボンドで貼り付けるだけで出来上がるので、とっても簡単です。
周りをスワロフスキーなどで囲んでみたり、他のパーツを組み合わせることによってデザインは無限大に広がります。

 

リング

アクセサリー_リング

ボンドでビーズを埋め込むだけで出来上がる、手作り用のリングの土台も売られているので利用してみましょう。
初心者でも簡単に、素敵なリングを作ることもできますよ。

 

また、ビーズを使ってリングを編んでいく方法もあります。
時間はかかりますが、出来上がりはとても素敵です。
こちらは、中級者向けです。

 

ブローチ、コサージュ

シンプルなブローチは、ピンにパールやビーズを通すような簡単な作業で作ることができます。

 

ただ華やかにするためには、ビーズやパールなど様々な素材を組み合わせなければいけません。
パーツを台座にボンドで貼り付けたり、糸でつなぎながら作るので少し技術のいる作業です。
中級者向けです。

 

また、コサージュは布の質感を生かしながら、何枚にも重ねていくことで作ることができます。
丁寧に作業すれば、初心者の方でも大丈夫です。
お気に入りの布が見つかったら、チャレンジしてみましょう。

 

お子様向けヘアアクセサリー

アクセサリー_ヘアアクセサリー

小さな女の子に人気のモチーフ付きのヘアピンやゴムですが、遊びに夢中になったりして無くなってしまうこともしょっちゅうです。
1つ1つが割と高いヘアアクセサリーも、自分でつくれば簡単に安く、しかもたくさん作ることができますよ。

 

例えば、100円ショップのクルミボタンと家にある余り布を使えば、簡単に可愛いクルミボタン付きゴムがつくれます。
また、100円ショップにあるお湯で柔らかくなる樹脂を成形し、ヘアピンと組み合わせればとっておきのアクセサリーの出来上がりです。
ママが作ってくれたヘアアクセサリーなら、子供さんも大喜びして大切にしてくれそうですね。

 

アクセサリー作りを習うには

 

アクセサリー教室で習う

1つの作品を決めて、1回のレッスンで作り上げていくタイプの教室がほとんどです。
作り方だけでなく、パーツの選び方も教えてもらえるのでとても参考になります。

 

忙しい方や、アクセサリーの好みがはっきりしている人には、行きたいときだけ参加できるのも魅力です。
最近は、お茶やお菓子をいただきながら、気軽に参加できる教室も増えているので、趣味の合うお友達づくりもできるかもしれません。

 

レッスンに必要なお金

入会金:ほとんどなし
レッスン料:3,000円〜5,000円程度(材料費込み2〜3時間程度)

 

手芸店の講習会で習う

アクセサリー教室と同じように、手芸店でもテーマを決めた講習会が随時行われています。
参加費も安く、気軽に参加できるのが魅力です。

 

ただ、個性的なデザインのアクセサリーはほとんど作らないので、希望される方は講習会でスキルを学び、好みのキットを購入すると良いかもしれません。

 

レッスンに必要なお金

講習費:1,000円〜3,000円程度(材料費込み2〜3時間程度)

 

独学で学ぶ

本を参考にすると、割と簡単に作ることもできます。

 

書店のテキスト本に素敵だな、と思えるデザインがあったら、思い切って作ってみましょう。
出来れば、作り方がわかりやすく説明してあるものを選ぶといいですね。

 

材料は、100円ショップはもちろん、手芸店で購入できます。
近くに気に入った材料がなくても、ネットショップを利用すればたくさんのパーツの中から、じっくり選ぶこともできます。
ネットショップの中には、アクセサリーの作り方を掲載しているサイトもあるので、そこから気に入ったデザインの作り方をプリントアウトしてもいいですね。

 

チェック札
趣味として楽しむアクセサリー作りのポイント

  • 自分好みのデザインのアクセサリーを作ることが出来る
  • お金をかけなくても、工夫次第で素敵な作品が作れる
  • 上達すれば、ネットショップやオークションで販売してプチ稼ぎ!

 

>>何かを始めたい!そんな主婦におすすめの趣味はコチラ