主婦 趣味 お菓子作り

MENU

おうちでプロ並みの仕上がり!お菓子作りはおいしい趣味

お菓子作りの特徴

  • みんなを幸せにできるお菓子づくり

    手作りのお菓子は、作った人の愛情と丁寧さが伝わり、食べたみんなを幸せな気分にしてくれます。
    小さなお子様にとっても、お菓子作りは包丁などを使わない安全な作業なので、最初の料理としてチャレンジするには最適です。
    作る過程で親子のコミュニケーションもとれますし、お菓子を食べたいお子様は進んでお手伝いしてくれます。

  •  

  • 自分好みのお菓子に仕上げる

    市販のお菓子だと、材料に何がどれくらい使われているのかがはっきりとわかりません。
    自分でお菓子作りをすることによって、ダイエット中の方はお砂糖や油分の量を控えめにしたり、アレルギー体質の方は自分に合わないアレルゲンだけを取り除くことができます。
    また、材料にこだわることが出来るので、より安全、安心なお菓子を作ることができます。

  •  

  • 市販のものより安くできる

    手作りのお菓子は、市販のものに比べると手間はかかりますが、半分の値段〜3分の1程度の材料費で作ることができます。
    バターが手に入らない場合は、マーガリンなどで代用もできますし、ホットケーキミックスを上手に利用すると少ない材料でお菓子を作ることができます。
    最近は簡単なお菓子の材料なら100円ショップで手に入るようになったので、是非利用してみましょう。

  •  

  • バザーなどで活躍できる

    お友達などに手作りのお菓子を食べてもらって評判がよかったら、思い切って幼稚園や学校のバザーなどで売ってみましょう。
    自分の作ったものが評価されるのは、とても嬉しいものです。
    皆さんにも喜んでもらうことで、自分も充実感を感じることができます。

 

お菓子作りの種類

洋菓子と和菓子

お菓子は大きく洋菓子と和菓子にわかれていますが、使われている材料や作り方は様々です。
中でも、人気のあるお菓子作りについていくつかご紹介します。

 

 

 

 

 

 

洋菓子

パウンドケーキ

小麦粉、卵、バター、砂糖を同量ずつ混ぜ合わせて生地を作ります。
焼く温度と時間さえ守れば、美味しく焼き上げることができるので初心者の方にもおすすめです。

 

クッキー

小麦粉、バターなどの材料をこねあわせて作るので、少し力が必要です。

 

ただバターをマーガリンに変えたり、砂糖の量を調節したりと少しアレンジしても出来上がりはほとんど失敗することがありません。
初心者の方向けのお菓子です。

 

生チョコ

溶かしたチョコレートに溶かしバターや生クリームを入れ、冷やし固めます。
少しコツはいりますが、オーブンや包丁を使わないので子どもでも大人のサポートがあれば作ることができます。

 

スポンジケーキ

小麦粉、卵、砂糖などの材料を混ぜて作るのですが、ふんわりした生地になるには卵を充分に泡立てないといけません。
泡立てた卵をつぶさないように小麦粉を混ぜ入れないといけないので少し難しい作業になります。
ある程度お菓子作りの経験をされた中級者向けです。

 

パイ

粉でバターを包み込み、何度も折り込んでバターの層を作っていくので、かなりの力と時間が必要になります。
生地から作り上げるのは上級者向けですが、初心者の方なら冷凍パイシートなどを利用することでアップルパイやチョコレートパイが簡単にできます。

 

シュークリーム

バター、小麦粉などの生地を混ぜ、火にかけて焦げないように混ぜ合わせます。
さらにその生地を天板に絞りだし焼き上げてできたものがシュー生地です。

 

手間も必要ですがシュー生地をうまく膨らませる技術も必要ですし、クリームも作らないといけません。
お菓子作りの経験がある上級者向けのお菓子です。

 

和菓子

ようかん

市販のあんこやあずき缶、寒天などを使って作ることができます。
火にかけた材料を混ぜ合わせ、冷やし固めるような簡単なものなら初心者の方も作ることができます。

 

どらやき

焼いた生地にあんこを挟みます。

 

生地はホットケーキミックスで、あんこは市販のものを使うと手軽に作ることができます。
初心者の方向けのお菓子です。

 

お菓子作りを習うなら

 

パティシエ経験者に教えてもらう

プロの材料と道具を使って教えてもらえます。
プロの味を自分の手から作り出せるので感動的です。

 

クッキングスクールで習うことができるのはもちろんお菓子の材料店、身近にあるケーキショップなどでも不定期に開催されるのでチェックしてみましょう。
東京都内では有名なパティシエが監修したレシピを教えてもらうこともできます。
ただ材料等は本格的なものを使うので、後で再現するのが難しいこともあります。

 

レッスンに必要なお金

入会金:5,000円程度
レッスン料:5,000円〜7,000円程度(/1回)(材料費込み・自分で作ったお菓子を持ち帰りできることが多い)
体験レッスン:3,500円程度

 

インストラクター養成コースのある教室もあります。

 

料理教室で教えてもらう

お菓子づくりの基本から教えてもらうことができますし、わからないことがあれば質問もしやすいです。
和気あいあいとした雰囲気のところが多いので、初めての方にはおすすめです。
だいたい5〜7人でレッスンが行われます。

 

レッスンに必要なお金

入会金:3,000円〜5000円程度
レッスン料:40,000円〜50,000円程度(12回/年)(材料費込み・自分で作ったお菓子を持ち帰りできることが多い)
体験レッスン:1,000円程度

 

料理教室ではインストラクターの資格がとれないところがほとんどなので、気になるなら尋ねてみましょう。

 

通信講座で学ぶ

お菓子の作り方を通信講座で受講することができます。
動画を使って、教えてもらえるのでコツをつかみやすいです。

 

中には有名パティシエの講座もあるので、遠方で直接教室に行けない方にもおすすめです。
材料・道具等は自分でそろえなければなりません。

 

レッスンに必要なお金

入会金:0円
受講料:6か月で60,000円程度〜  
通信講座ではスイーツスペシャリストなどの資格が取れるものが多いので、お菓子教室を開くのも夢ではありません。

 

チェック札
お菓子作りのポイント

  • 自分ばかりでなく、家族や友達にも喜んでもらえる
  • 自分の好みや体質に応じて、こだわりのお菓子を作ることができる
  • 講師の資格をとることもできるので、自宅などで教室を開くこともできる

 

>>何かを始めたい!そんな主婦におすすめの趣味はコチラ