主婦 趣味 ベリーダンス

MENU

女性の魅力「くびれ」をゲット!衣装も素敵なベリーダンス

ベリーダンスの特徴

  • くびれ作りに効果的

    くびれに成功した女性

    腰を滑らすように回したり小刻みに振ったりと、腰周りの筋肉を使って踊るので女性らしいくびれをつくることができます

     

    腰を動かす動作がインナーマッスルを鍛えるので体の内側の筋肉量が増え、見た目の筋肉量は増えなくても脂肪を燃焼させやすい体へと近づけてくれます
    さらに体幹も鍛えられ姿勢がよくなり、健康的な美しいスタイルを手に入れることができます

  •  

  • 骨盤矯正も期待できる

    出産を経験したり座り仕事が多くなりがちな女性は、どうしても骨盤が歪んだり開いたりしがちです

     

    ベリーダンスは骨盤を意識して引き締めながら踊るので、骨盤を正しい位置に戻す手助けをしてくれます
    骨盤がしまるとは腰回りがすっきりとなるので、ワンサイズ下のボトムスも夢ではありません

  •  

  • 美しくイキイキした表情に

    ベリーダンスは常に笑顔を意識しながら踊ります
    そうすることで笑顔を作ることが自然になり、周囲の人ににイキイキとした明るい印象を与えることができます
    また表情筋が鍛えられるので、顔のたるみも防止してくれます

     

    さらにベリーダンスの腰を動かす動作により内臓が刺激され、便秘の解消さらには新陳代謝も活発になるので美肌効果にもつながります

  •  

  • 精神面にも良い影響が

    鏡に向かい音楽に合わせベリーダンスを踊っていると普段とは違う自分を見つけることができます
    美しい衣装を身に着け女性らしく踊る自分を見て気持ちも上がり、自信を持つきっかけになったりと精神面にも良い影響を与えてくれます

 

ベリーダンスの種類

ベリーダンスを踊る女性

紀元前エジプトで生まれたベリーダンスは世界で最も古い踊りだといわれています。
その後長い時を経てアメリカに渡ったことで、「ベリー」(おなかを意味する)を動かすダンス=ベリーダンスと呼ばれるようになりました。

 

このベリーダンスですが、エジプトで生まれ世界中に広まるまでに様々な種類に分かれていきました。
今回はその代表的なものを4つご紹介します。

 

エジプシャンスタイル

最も伝統的なスタイルの踊りで基本はソロで踊ります。

 

衣装は露出が少なく、メッシュ素材のトップスを重ね着したりします。
必ず裸足で踊り座ったり寝たりなどの動作はなく、上半身の動きも少なめです。
フォーマルな場面に相応しい踊りなので結婚式などでも踊られます。

 

ターキッシュスタイル

エジプシャンスタイルをベースに発展した踊りです。

 

踊りは華やかでスピード感のある大きな動きが特徴です。
衣装は肌の露出が多く、スリットが深く入ったスカートなどが好まれます。
ヒールのある靴を履いたり小道具としてベールや扇などが使われることもあり、リズムに合わせて踊るのでテクニックが必要です。

 

ジプシースタイル

エジプシャンスタイルから発展し、ヨーロッパのジプシーの伝統舞踊となったスタイルです。

 

衣装はロングスカートや胸までの長さのトップスなど、普段着るようなものや天然素材のアクセサリーを身に着けます。
ジプシー特有のリズムで素足やフラットシューズで踊るスピード感のあるダイナミックな動きが特徴です。

 

アメリカントライバルスタイル

アメリカに渡ったのち独自の進化をした踊りで、女性の力強さや個性を表現しています。

 

衣装はモノトーンやナチュラルカラーのものが多く、ハーレムパンツをはき、装飾品もシンプルなものが多いのが特徴です。
踊りは腕や背中を大きく反らせる動きが多く難易度が高いので、ある程度経験がある方向けのスタイルです。

 

トライバルフュージョン

ダンサー独自の解釈を表現し、最近人気の高まっているスタイルです。

 

フラメンコやバレエ、ヒップホップなど様々なダンスをベリーダンスと融合させています。
衣装も音楽も特に決まっていないので自分好みに組み合わせることができます。

 

ベリーダンスを習うには

ベリーダンス教室で習う

本格的なベリーダンスを習うことができます。
ベリーダンス専門のスタジオなら、開講枠も多いので割と自分の希望する時間に受講することができます。

 

初心者や、上級者などによってクラスを分けているところは基礎からじっくりと学ぶことができます。
混合クラスのみのレッスンでも指導者と距離が近いので初心者でも丁寧に教えてもらえるのが特徴です。。
中にはフリーパスでのレッスンや月8回のレッスン、さらにインストラクター養成コースを行っている教室もあります。

 

レッスンに必要なお金

入会金:3,000円〜5,000円程度
レッスン料:7,000円〜10,000円程度(月4回)(1回のレッスン時間/60〜90分)
体験レッスン:0円〜1,000円程度

 

カルチャースクールで習う

気軽に始められるので初心者のかたにもおすすめです。
約3か月を一区切りとして生徒を募集します。

 

ただ、ひと月に2回程度とレッスン回数が少ないので物足りない方もいるかもしれません。
インストラクターの資格は取れません。

 

レッスンに必要なお金

入会金:5,000円程度(ただし受講期間終了後、続けて受講する場合は入会金は必要ありません)
レッスン料:15,000円〜18,000円程度(3か月)
1回のレッスン時間 60〜90分
体験レッスン:0円〜1,000円程度

 

スポーツクラブで習う

大手のスポーツクラブの中には初級者程度向けのベリーダンスのレッスンを開講しているところもあります。
ただ開講は時間割りで決められているので、時間が合わないと受講できません。
インストラクターの資格は取れません。

 

レッスンに必要なお金

入会金:5,000円程度
レッスン料:10,000円程度(レッスン料は受講する種目や時間帯を制限するとさらに安くなることがあります)
1回のレッスン時間 60分程度
体験レッスン:0円〜2,000円程度

 

どの教室もレッスン時は動きやすいTシャツ、スパッツで大丈夫です。
腰に巻くヒップスカーフ(800円程度〜)を用意すると気分も上がります。

 

発表会やイベントには衣装が必要なので、購入する場合は20,000円程度〜、ベリーダンス教室の中には1回3,000円程度でレンタルする所もあるので尋ねてみましょう。

 

自宅で習う

近くにベリーダンスの教室がない場合は、通信講座を行っている教室を探してみましょう。
講座の内容はDVDや教科書を使って学んだあと、自分の踊る姿を撮影し添削してもらいます。

 

1級まで受講すると講師資格も取れます。
ベリーダンスがどのようなものか知りたい方には、書店などで売っているDVDを購入して自分で練習してみるのもおすすめです。

 

必要なお金

通信教育初級用(6か月)
入会金:0円
受講料:50,000円〜60,000円程度(費用に衣装代金、アイテムは含みません)
DVD購入(書店):500円〜2,000円程度 

 

ベリーダンスの衣装について

普段の練習ではジャージやスパッツなどの動きやすい恰好でもいいのですが、やはり衣装やアイテムを用意するとモチベーションが断然変わってきます。
ここで少し衣装やアイテムについてご紹介します。

 

レッスン着

  • チョリ

    胸までのトップス ブラトップの上に重ね着します。
    多くは胸の前で結び、おなかを丸出しにします。
    4,000円程度〜

  •  

  • ストレッチ素材のパンツ

    裾が広がったタイプが一番多いです。
    他にもガウチョ型やハーレム型があります。
    5,000円程度〜

  •  

  • ヒップスカーフ

    シフォン、サテン、レースなどの腰に巻く布です。
    コインと呼ばれる丸い金属プレートやビーズなどがあしらわれています。
    腰が正しい動きをすると、コインがきれいな音を響かせます。
    800円程度〜

 

発表会用衣装

  • オリエンタル衣装

    エジプシャンスタイルやターキッシュスタイルを踊るときに着る衣装です。
    主にブラとスカートの2ピースに分かれていて、スパンコールやビーズのようなキラキラした装飾が施されているのが特徴です。
    30,000円程度〜

  •  

  • ジプシー衣装

    ジプシースタイルの踊りで使われる衣装です。
    柔らかな素材で裾広がりのスカートが特徴です。
    50,000円程度〜

  •  

  • トライバル衣装

    基本的に好きなスタイルができるので、衣装やアクセサリーの組み合わせを自由に楽しめます。
    トップス2,000円程度〜、パンツ3,000円程度〜、アクセサリー2,000円程度〜、ブラ2,000円程度〜

 

チェック札
趣味として楽しむベリーダンスのポイント

  • 楽しみながら、女性らしい健康的な美しさを手に入れることができる
  • 腰を動かす動作はおなかを刺激するので、内臓の動きが活性化され、便秘解消や基礎代謝の向上につながる
  • 美しい衣装をまとい笑顔で踊る自分に向き合うことで気持ちが明るくなり、前向きになることができる
  • 衣装やアイテムを用意する場合は、ある程度の出費が必要

 

>>何かを始めたい!そんな主婦におすすめの趣味はコチラ